ベースメイクのススメ

脱毛サロンで脱毛
化粧のベースとなる、肝心な「基本メイク」ですが、依拠メイクが綺麗にいくだけで全ての出来上がりや感触が違ってみえますよね。

女なら誰しもある肌を美しいに見せたいもの、だからこそ、この依拠メイクがメイクのキーとなるのです。

ところで、皆さんは下地やリキッドファンデーションなど、依拠メイクをどんな感じで着色していますか?指で薄く薄く伸ばしている方もいれば、スポンジを使って彩色込んだり諸々なペインティング方があります。

そんな訳で私がお勧めする、土台メイクを麗しいに仕上がる着色方があります。

それは、「置く」という事です。

塗布込む、というよりは、パッティングのようにお肌にポンポンと軽く、しかも優しく置いていくと、崩れにくく、他にも毛穴や色ムラなどコンシーラーなしで隠してくれます。

これはかの名高いなシャネルの美容部員の方に教えて頂いた手順ですが、この方法に変更してから、同じくベースメイクアイテムでも全く違う品質になります。

この上からは、固形のファンデーションよりも、パウダーなどのように軽いもので抑制するように重ねていくと、重くなりすぎず麗しいな土台メイクが仕上げするそうです。

直ぐに私も実践しております。

お気恥ずかしい話、貯金的に苦しく、ファンデーション又はルースパウダーがなくなった場合、調達できないポイントもありました。

その時手元にあったのがジョンソンアンドジョンソンのベビーパウダーでした。

けれども、依拠メイクの彩色方を変更した後は、たとえその後ベビーパウダーなど安価なものでコーティングしても、1日中麗しいな出来栄えのまま持ってしまいました。

なので、大事なのは塗装方なんだなと体感しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です